10:00 - 12:00

14:00 - 17:00

  • 手術

※受付開始時間は午前9:15、午後13:30、検査予約は午前9:30、午後13:30からとなります。

※医師のスケジュールにより休診となる場合がございますので、事前にご連絡の上、ご予約お願い致します。

※手術日及び手術前検査日は完全予約制となり、一般外来の検査・診察はお受けできません。

資料ダウンロード 資料ダウンロード 無料詳細資料 無料詳細資料

Q.ブルーライトは避けた方がいいですか?

2022.12.14

多焦点眼内レンズ

A.多焦点眼内レンズ手術を受けた人が特にそうである、というよりも、現代人はブルーライトのことは誰しも少しは意識して日常を送った方がいいと思います。

ブルーライトは波⻑の短い⻘色の光です。パソコンやスマートフォン、タブレット、携帯ゲー ム機など生活周辺のさまざまな機器が発しています。紫外線と波⻑が似ていて、可視光線 (「光」として人間の目に見える電磁波)のなかでも特に高いエネルギーを発し、目の最奥の網膜まで届くことが分かっています。

目に与える影響としては散乱しやすい波⻑の性質から、目のピントがずれてものがぼやけて見 えたり、まぶしさを感じやすくなったりする可能性があります。ブルーライトを浴び続けると瞳孔が「目に入る光を減らそう!」と頑張り続 けてしまい、結果的に眼精疲労を引き起こしやすいのです。

昼夜問わず浴び続けると、体内リズムの乱れや不眠の原因になることも気になります。 個人差はありますが、就寝前にスマートフォンを使い過ぎると寝つきが悪くなるともいわれているので、夜はできるだけ控えた方がいいようです。また最近では、ブルーライトが肌の色素沈着を引き起こす原因になることも分かったようです。

目や身体の健康を考えれば、ブルーライトを発する機器は極力避けた方が賢明ですが、現代人の生活でそれはなかなか難しいことではないでしょうか。

・職業によって(ほとんどの勤務時間、コン ピューター画面を見ているなど)はブルーライト を除去する眼鏡やシートを活用する(メガネ ショップや家電量販店で売っています)

・スマホ操作は顔から40cm以上離して行う

・スマホのバックライトを明るくし過ぎない

などの対策を心掛けて、ブルーライトから身を守ることをおすすめします。